産後の骨盤はしっかりケア|骨盤矯正で下半身太りを予防

暖かくして神経痛など改善

肩こり

赤外線治療器の特徴

神経痛や関節痛で悩まされている方にとっては軟骨成分となる栄養素を補給したり、あるいは栄養バランスを整えた生活を送る工夫をする事はとても大切です。この他にも体を温めるという方法でも有効な改善が可能です。遠赤外線を活用した治療器や暖房を活用して、患部を適度に温めする事によって部分的に代謝を改善し、もともとの身体機能を取り戻し最適化することができます。遠赤外線によって患部が温められる事で重点的に代謝が改善されるため、サプリメントなどの効果も併せて期待する事ができるのです。体を温めて自然治癒力を高めるという考え方は古くから漢方薬を用いた治療法としても活用されてきました。例えば葛根湯などは風邪に有効な治療薬として販売されていますが、これは身体を部分的に温めて生薬の薬効を生かした治療を行なう事で効果的に改善を促す事ができるのです。

治療方法の今後

1990年代の健康ブーム時期に様々なサプリメント商品がテレビコマーシャルなどで話題となっていた際、併せて遠赤外線を活用した治療機器や暖房が多く登場して話題を集めていた時期がありました。この頃の遠赤外線治療器の多くは今なお医療器具メーカーなどから販売されていますが、今後はこうした機器が再び注目を集めて再活用される可能性も十分考えられます。遠赤外線を活用する事によって、様々なサプリメント商品や健康器具、マッサージ器具などの効果を高める事が期待できるためです。サプリメントなどの活用を行いながら健康的な運動を心掛けた生活を行い、併せて遠赤外線を活用した治療機器を活用するとさらに健康効果が期待できるとも考えられます。慢性的な関節痛などにも効果が体感できる事があるため、遠赤外線を用いた治療方法ではまだ未知の可能性が含まれているとも考えられています。